1. HOME
  2. 会長あいさつ

2019-2020年度 所沢西ロータリークラブ 会長あいさつ

所沢西ロータリークラブ 会長 髙橋 和男 氏

所沢西ロータリークラブ
髙橋 和男 氏

今日より明日、明日より明後日、更なる飛躍をロータリーで

この度、伝統ある所沢西ロータリークラブ2019~2020年度第35代会長を拝命いたしました。
数多くの経験豊富な諸先輩方々がいらっしゃるにもかかわらず、またロータリー経験も浅く未熟な人間ではありますがご指名をいただきましたのでこの上なき名誉と前向きに捉え、1年間全力で会長職を全うさせていただく所存です。  
私は、本年度の当クラブのテーマを「今日より明日、明日より明後日、更なる飛躍をロータリーで」としました。
私を含めほとんどの会員の方々は人生の後半、言わば集大成の時期の中を歩んでおられますが、まだまだ飛躍する余地は十分あり、また飛躍すべきであると考えております。
他にも各業界団体やいろいろな任意団体は多くある中、ロータリーほど歴史があり、また全世界規模で通じる共通認識を持つ組織はありません。
せっかくこのような組織に所属しているのですから最大限うまく利用しない手はありません。
飛躍するには具体的に何をすべきかはまだ見えませんが、マーク・ダニエル・マローニRI会長が「ロータリーは、ロータリーがなければ出会うことがなかった人々、職業上の機会、私たちの支援を必要とする人たちとのつながりをもたらしてくれます」を根拠としたテーマ「ロータリーは世界をつなぐ」を具体化するための方策の一つである「最初の強調事項はロータリーを成長させることです。
私たちの奉仕活動やプロジェクトのインパクトを成長させること、また、最も重要なのは、会員を増やすことです」要するに会員拡大にまず力を入れ、そのための魅力あるクラブ作りを同時に展開していきたいと思います。
それらを展開していく過程で必ずや飛躍の機会が多く存在するはずです。
しかしながら多くを手掛けるにはやはり限界がありますので、鈴木ガバナーの地区運営方針「クラブ中心の事業展開の奨励・支援及び社会奉仕活動の見直し」に沿う形で事業仕分けをし、当クラブとしては必要な事業に人的資源及び運営資金を集中させた上で、近隣クラブとの情報交換を今まで以上に密にし、似たような事業は相乗りし、少ない予算で大きな成果・飛躍を得られる事業展開を考えていますので、どうか温かくご理解いただき、ご支援・ご協力をお願い申し上げます。